かさい院長

最近では一般的になってきたインプラント治療というものは本当に安全で確実、最高の治療方法なのでしょうか。様々な情報が簡単に手に入るようになり、このサイトを訪れている皆さまもインプラントについての様々な情報を得られていると思います。しかし、客観的に見る限り、それらの情報は、ある面であまりにも一方的すぎていたり、偏りすぎているように思われます。実際、インプラントは先端医療の中でも素晴らしい治療のひとつではありますが、決して万能な治療ではありません。ほとんどの治療法には必ず利点と欠点、光と影、表と裏があるのです。

それを充分に理解したうえで、患者さんにとって利益の大きな方法を選ぶことが大切であると考えます。インプラント治療は歯を失った方に対して行われ、その失った部分にチタンでできた人工の歯根を埋め込む治療です。歯を装着後はまるで本来の自分の歯のように何でも食べられるようになるのです。

しかし、言い換えればインプラント治療を行い、それを長期間に渡って維持していくためには、まずその歯を失った原因に対してアプローチしなくてはいけないのです。そのため、当院ではインプラント治療を希望される患者さんに対しては、安易に、そしてすぐに治療を始めるのではなく、まず歯を失った原因に対するアプローチを行った上で、本当にインプラント治療が必要なのかを患者さんとよく相談させて頂いた上で治療を進めていきます。

偏った治療にならないためにも、インプラント治療だけではなく、入れ歯治療での問題解決法も選択肢として持てるシステムがあります。患者さんの中には、インプラントが難しいケースもあります。たとえば、歯周病があまりに進行していたり、あごの骨が薄くなりすぎているような場合です。もちろん、それに対処する方法はいろいろありますが、歯科医師の技量以上にリスクが大きい場合は、インプラントをしないという選択もあり得ます。そしてもし、インプラント治療が選択された場合には、インプラント治療の本場スウェーデンのプロトコールに基づいて治療を行うことで、インプラント治療の成功率を高める努力をしております。

インターネット予約