インプラントを検討なさっている方へ

不幸にして身体の一部を失うことは、想像以上の不便さやストレスを人間に与えます。歯も例外ではありません。好きな物を思いっきり食べる喜びや、歯ごたえ、噛み応えといった食感を楽しみ味わう楽しみがなくなります。それだけではありません。歯を失った口元が気になって友人と話したり、歌ったり、笑ったりする、そんな当たり前の喜びを失ってしまうことも多いのです。

このサイトをお読みになっているあなたも、そのような悩みを解消したいと思い、インプラント治療を検討されているのではないでしょうか。インプラント以外にも、歯の抜けた部分を補う方法として、入れ歯(義歯)やブリッジという選択肢もあります。

インプラントのケース

入れ歯は、手軽に歯を補完することができますが、あごの状態によっては不安定だったり、咬みづらかったり、痛みが出たり、話すことが難しかったりします。不安定な入れ歯は、口の中をきずつけたり、口内炎を起こしたり、歯ぐき(顎骨)への力のかかり方が不均衡だったりして、時が経つにつれ状態がますます悪くなりがちです。

ブリッジは、抜けた歯の前後に残った歯を削って土台にし、接着剤で橋渡しをするように、土台ー失った歯ー土台という形で歯を入れる方法です。これも手軽に治療を受けることができますが、土台となった健康な歯を削ることで負担をかけ、歯磨きも難しくなることから、その土台となった歯が虫歯になるリスクを高める可能性があります。

ブリッジも入れ歯も歯ぐきの中の、失った歯の根があった部分が空っぽのまま治療を行いますので、歯ぐきや顎骨が痩せて委縮してきます。すると外見的にも顎の形が変わったり、口の周りにしわがよったりして、老けた印象となってしまいます。このため、近年では利点の多いインプラントを選択する人がふえているのです。

正しいインプラント治療のためのブログ⇒見る

インプラント治療に対する当院の考え方

かさい院長

最近では一般的になってきたインプラント治療というものは本当に安全で確実、最高の治療方法なのでしょうか。様々な情報が簡単に手に入るようになり、このサイトを訪れている皆さまもインプラントについての様々な情報を得られていると思います。しかし、客観的に見る限り、それらの情報は、ある面であまりにも一方的すぎていたり、偏りすぎているように思われます。実際、インプラントは先端医療の中でも素晴らしい治療のひとつではありますが、決して万能な治療ではありません。ほとんどの治療法には必ず利点と欠点、光と影、表と裏があるのです。

それを充分に理解したうえで、患者さんにとって利益の大きな方法を選ぶことが大切であると考えます。インプラント治療は歯を失った方に対して行われ、その失った部分にチタンでできた人工の歯根を埋め込む治療です。歯を装着後はまるで本来の自分の歯のように何でも食べられるようになるのです。

しかし、言い換えればインプラント治療を行い、それを長期間に渡って維持していくためには、まずその歯を失った原因に対してアプローチしなくてはいけないのです。そのため、当院ではインプラント治療を希望される患者さんに対しては、安易に、そしてすぐに治療を始めるのではなく、まず歯を失った原因に対するアプローチを行った上で、本当にインプラント治療が必要なのかを患者さんとよく相談させて頂いた上で治療を進めていきます。

偏った治療にならないためにも、インプラント治療だけではなく、入れ歯治療での問題解決法も選択肢として持てるシステムがあります。そしてもし、インプラント治療が選択された場合には、インプラント治療の本場スウェーデンのプロトコールに基づいて治療を行うことで、インプラント治療の成功率を高める努力をしております。

インターネット予約